世の中には、リスニングや発音の HOW TOや、教材が溢れています。

皆間違えた事は言っていませんが、どうも掴みどころのない印象です。

だいたい多いのが、

・口の中での舌の位置を音別に図にしてあるもの。

・発音記号が書いてあり、「アとウの間の音」等の説明があるもの

・「唇を噛んで」などのネィティブのしている音の出し方を書いてあるもの

これらをやってみても、一向に正しい音が出ている気がしません。

また、どんな音が出ているかも不明です。

どうしてこんなにも役に立たないのでしょうか?

それは、説明をしている人がネィティブスピーカー、もしくは帰国子女な事が多いからです。

ネィティブスピーカーは赤ん坊の頃から、母親が喋りかけて、音を聞かせて育ちます。

帰国子女はまだ耳が若いうちに、英語社会に入り、成長段階で音の波長を聞き分けます。

子供たちの中で遊びながら、または子供の社会の中を生き残りながら、覚えていきます。

私たち、大人になってから、英語を勉強する人は、理論的に、理解しないと、自然に音は出ないし、自分で発音できなければ、聞き取りもできないのです。

このカテゴリーでは、アラサーから英語学習をはじめ、いろいろ試して、身に着けた方法をリアルにお伝えします。

リスニング、発音これで完璧。目次

↑この目次リンクからどうぞ。

英語をより小難しくする、必要のないディテールは除きました。

実のある事だけ、特集しています。

貴方がもう大人、30歳以上でも、英語は身に付きますよ。

 

 

リスニングと発音の記事一覧
Cary流 Vの発声方法
Cary流 Fの発声方法
英語になった日本語
連続するLとRを聞き取る方法
L、Rを聞き取る方法
Cary流「TH」