英語の音にならない? Rを出す方法 Cary流

英語の音にならない? Rを出す方法

Rの音が出ない?

これは日本人皆が抱える問題ですね。

Rは日本人の「発音できない」金字塔です。

学校の頃は、舌を丸めると教わりました。

でも、舌を丸めるだけではでません。

一生懸命やろうとしても、嘔吐するような気持ち悪い音だけ出て、Rにはなりません。

Rは一番の強敵ですが、やり方さえわかれば、実は母音なんかよりも全然簡単だと思います。

そして、出るととにかく音が米語っぽくなります。「あ、この人英語喋ってる!」となりますね。

*イギリス英語ではこのRは存在しません。いわゆる「R」はほぼ米語のみの音なのです。

英語の音にならない? Rを出す方法

さて、それでは発音方法です。

私はこの方法でRの発音が出来る様になりました

前項の「英語の音にならない? 絶対直す方法 その1 呼吸」をまず見てください。

呼吸が出なければ、Rの発音は出来ません。

きちんと腹から、空気が来て、喉の下の辺りを越えていくのを感じてください。

喉から空気がでるような感じでは駄目ですよ。いっそ声帯を使わないくらいのつもりで。

さて、腹から空気を出して

舌は口蓋に付けません。

(付けるとパチンとしたような破裂音になり、Lに近くなってしまいます)

舌を付けずに、「クリーム」creamと言って見ましょう。

クとムはとりあえず問題ないですね。

最初は「クイーム」になってしまうのではないかと思います。

ここで、

舌をスプーン状に丸めて、口蓋の中で音を反響させます。

空気を舌でせき止めて反響させ、この少し空いている三日月形の隙間からだけ出すイメージです。

そして、舌を下図のように動かしましょう。

この時の反響の変化で、creamのreを出します。

丸めているときはrの音、そこから音を変えていって、e(ィ)の音に変化させていくイメージです。

添付の音声は、「クイーム」"Queam"から、だんだん「クリーム」"Cream"に近づけて、最後はCreamと言っています。

最初の方は出ていない"R"、だんだん出てきて、最後はしっかり出ている”R”を確認してください!

まとめ

・椅子の足を握り、お腹に意識を入れて、腹から空気を押し出します。

・口蓋に舌を付けないように、creamと言って見ましょう。

・舌をスプーン状に曲げ、三日月状に隙間を作り、舌と口蓋内で反響させます。

・反響させながら、下の折りたたみを解除していって、反響音を変化させ、(ィ)に変えて行きます。

出来ましたでしょうか?

最初は難しいです。

私も最初の頃は椅子をつかみながら、でも毎日車の中で練習していました。

「あっこの音」というのが数日でまぐれで出た気がします。

一回出ると、その後わかりやすいです。

それから練習の度、毎回出るようにして、次は会話の中でもスッと出るようにしていきましょう。

Creamが出来る様になったら、roomとかも試してください。

同じコツで出来る様になります。

最初はウームになってしまうかもしれませんが、ウの所で、口蓋に付けずに舌を動かし、腹から空気を出し、米語のルが出るようにしましょう。

これでcreamやroomの発音が出来る様になると、Areが出来る様になります。

母音をィでは無く、アにして、反響させ、creamで使った下の曲げ具合のなかからAreが出る丁度良い角度にすれば良いのです。

さて、今回は米語発音の王様、Rを勉強しました。

あなたの英語発音は、もう一味違いますよ。

注意:

日本人の英語学習者の中で、喋る全てにRを混じらせる人がいます。Rが米語っぽく感じるからでしょうね。でもこれをすると、ただ解りにくくなるだけなので、入れるところはしっかり出して、入れないところではしっかり出ないようにしましょう。

リスニング、発音これで完璧。目次  はこちら

Good Luck! ;-D

スポンサーリンク
おすすめの記事