Fat shakehand

Fは下唇を軽くかんで出す音と教わったと思います。

でも実際に出ているかどうか不安な人も多いかと思います。

ひらがな、カタカナではFとHは一緒ですが、これを混同している人も多いです。

また、Fはその特徴的な爆発音故に、結構強い意味の単語に用いられがちです。

それは、F自体の発音よりも、それに伴う母音とのコンビネーションで出る事が多いです。

本物の爆発と同じように、爆発自体は火の玉でも、それに追従する煙の爆発によって、爆発らしくなりますよね。

ここを間違えて、やりきれていないFを使った単語を使用すると、英語をしゃべる人から見ると、「お笑い」になってしまいます。

今回、しっかりFを分解して覚えていきましょう。

また、Fはこの後Vの発音をするにあたって、大変役に立つ踏み台的な役割もあるので、しっかり出せるようにしておきましょう。

Fの発音方法

Fは下唇を噛んで、息を噴出し、歯と下唇の(ほとんど空いていない)隙間から空気を押し出します。

この時、空気の通る道を確保する為、上唇は少し、上の歯を見せる感じで上げておきます。

この時に空気が狭い隙間から出ている小さい「フー」というか、「スー」と言う音が、子音のFの音です。

子音のFだけだと、本当に空気のバキューム音というか、そんな音しかしません。

Turf ” tə'ːrf ” 縄張り

Tariff " tǽrif " 関税

Float " flóut " 水に浮かぶ

これらの、Fの後に母音がつかない音はこれだけの音で終わります。

簡単そうですが、日本人は最後に母音をつけてしまう傾向があるので、母音抜きのこの音も意識してくださいね。

Turf ” tə'ːrf ” が、 "tə'ːrfuː " ターフー

Tariff " tǽrif " が " tǽrifu ː " タリフー

Float " flóut "が " foolóutou "フーロートー

になってしまいます。

英語ネイティブの人にこのスペルを言ってもらえばすぐにわかりますが、子音の後の母音を異様に伸ばします。

(逆に言うと、日本語は英語に比べ、母音がつく音を非常に短く言う言葉とも言えます。英語は子音だけで止める音があるので、母音がつく音をより長く発音する傾向があります。スペイン語なんかは日本語と母音の扱いが近いので、日本語発音をすればかなり近い音が出ますよ。)

母音がFの後に来るケース

さて、ここまでは、子音の、空気が狭いところを通り抜けるだけの音でした。この後に母音が来るケースの場合は、全然印象が違ってきます。

母音を伴う”F”は「爆発音」なので、 口を閉じた、小さい「フー」というか、「スー」 とか言う音の後に、口を開いて、息を出すと、せき止めてから、一気に放出するので、普通の音よりも大きく、印象的な音が出ます。

「フー」「スー」 の後に唇を擦る様に離し、母音を発生します

これできちんと所謂”F”の音、ファ フィ フゥ フェ フォの音が出るようになります。

Foot ”fút”足

Fury ”fjúəri”怒り

Fumigate “fjúːməgèit”バルサンする

Fat ”fǽt”デブ、脂肪

Focus ”fóukəs”集中

Far ”fɑ'ːr ”遠い

Fart”fɑ'ːrt” おなら

偶然か、その為か、F-母音と続くところは強調する所が多く、それを含む単語も、強い意味を持った単語が多いように感じます。感情が込められるので、長い歴史の中でFを使った強調語が残ってきたのかもしれません。

あの、ハリウッドでよく使う「Fから始まる罵りの言葉」にこれが含まれているのは、きっと偶然ではないでしょう。

これは、ʌの発音の所でもやったように、母音の中でも、一番迫力のある母音とならんでいるので、さらに音のインパクトが大きいのです。

日本の若者でこの言葉を真似する人がいますが、しっかり最初のFとʌ母音が発生されておらず、迫力が無いというか、格好悪い感じです。

これからは、こんな事を頭に入れてハリウッド映画を見るようにするとネィティブの強調のコントロールが感じられて勉強になると思います。

この音を使った単語を見て見ましょう。

Fund fʌ'nd

Function fʌ'ŋkʃən

Fuzzy fʌ'zi

Fungi fʌ'ngiː, fʌ'ngai

スポンサーリンク

FHは全然違います

日本語で表記すると、HとFは変わりがありませんが、音は全然違います。

Her hə'ːr(彼女)とFur fə'ːr(毛皮)、HとFの音意外は基本同じ音ですよね。

続けて言って見ました。

Foot fút(足)をHとFで入れ替えていって見ました。

Hog  hɔ'g(豚)と Fog  fɔ'g(狐)を入れ替えて言って見ました。

Hotel houtélホテルをHとFで言って見ました。

Family やFunなど普段使う言葉もカタカナ英語を使ってしまうと、Hになって、訳が分からなくなってしまいます。

Hもむつかしい

ただ、(Vの所で後述しますが)Fは比較的日本人に発声するのが楽な音です。

Mt.Fujiもあるし、Fujitsuも日本の会社だし。

時には混同してしまうスペルのHの方が実は発音がむつかしい事もあります。

Hood”húd” (車のボンネット)と言ってみてください。

Food “fúːd” フード(食べ物)よりも全然難しくないですか?

Hook ”húk” ひっかける

Hooker “húkər ” 売春婦

等もそうです。

爆発音を”貯め”無しで発音するのは、実は爆発するFやVよりも大変なのではないかと思います。

さて、Fをマスターした皆さんは、あの、ウルトラマンのバルタン星人の声が出せるようになったのです!

フォ フォ フォ フォ フォ

リスニング、発音これで完璧。目次  はこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事