Harry Potter "Stupefy!"

ハリーポッターから学ぶ英語技 STUPEFY! 接尾辞

ハリーやハリーの仲間たちが多用していました。STUPEFY!

このSTUPEFY、ランダムな造語ではなく、以下の様に形成されています。

皆さん、これらの単語は知っていますかね?

Stupid バカ、あほ、間抜け

Stupor まひ、昏睡、ぼうっとすること

それに英語のSuffix(接尾辞)の”fy”がついて、STUPEFYという言葉になっています。

接尾辞の ”fy” はmake, cause (makes the word a verb)、~のようにする、 ~ を起こす、言葉から動詞を作る  となっています。

つまり、 ”fy” を使って、Stuporに(強制的に)するという事ですね

この、”fy”、実は物凄くパワフルです。

Stupefyも半ば現存英語単語ですし、ほかにもfyを使用している単語は多数あります。

比較的に簡単な単語に”fy”がついているだけです。

Beautify: 物をBeautifulにする事、奇麗にする事ですね。

Diversify: 多様化Diverseさせる事ですね。

Simplify: ものをSimple、シンプルにする事です

Unify: 物をUnite、合体させる事

Amplify: Ample沢山、十分にfyをつけて、増幅するという意味

Signify: Signatureや、Signサインと ”fy” で、「意味する、示す」の意

classify: Classに分ける事、(そのクラス以外に)機密にする事

identify: Indicateするという事で、「見極める、身元を明らかにする」

Testify: Test 「試験、検査」と”fy”で証言する。また、testimonyは供述

Purify: Pure「純」にする

Rigidify: Rigid(硬い)と*fy*で、硬くする

Modify: modification のmodと*fy*でModify「変更する」

Qualify: Quality「クォリティー」と”fy”で「クォリティーに達する」

Justify: Justice 「正義、公正」と”fy”で、「正当化する」

Mummify: Mummy「ミイラ」と”fy”で、ミイラにする

Falsify: False「誤り」と”fy”で、「偽る、ねつ造する」相手をfalseにするという意味で「論破する」の意も

fortify: その場所をfortress 「要塞」のようにすること。

接尾辞 ”fy” は頻繁に発見する事が出来、長い歴史の中で沢山作られてきた物です。

英語使用者はこの ”fy” と聞くと、make, cause (makes the word a verb)「物を○○化する」、「物を○○にする」というイメージが瞬間出てきます。

つまり、 ”fy” さえつければなんでもお好みの動詞が作れてしまうという事です。

ハリーポッターで、J.K. RowlingもStupefyだけでなく、このfyを使っていくつか造語しています。

Spoingify: ホグワーツの教科書Hogwarts School of Witchcraft and Wizardryの一年目に出ているスペル。 「物をスポンジのようにフニャフニャにする」。。。

Scourgefy: ハリーの父、ジェームスが、若き日にスネープを逆さ吊りにする前に彼の口の中を洗う時にこのスペルを使います。

Scour「ごしごし奇麗にする」と

Scourge、「鞭、天罰、」

という単語がありますが、スネープは口を洗われて、皆と意中のリリィの前でこのように中傷されるので、公開処刑の様に感じたでしょう。この二つの単語を、言葉遊び的に組み合わせたのではないかと思われます。

という事は私たちも言い方に困ったとき、この”fy”をつければ良いのです。

こんなのはどうでしょう?

Smartify: smart「頭が良い」と”fy”で「頭良くなれ!」

Cutify: cuteと”fy”で「キュートにする」

Prettify: prettyと”fy”で「プリティーにする」

authentify: authenticと”fy”で「由緒正しくする」

Dumbify : dumb「バカ、うすのろ」と”fy”

Dirtify: Dirty「汚い」と”fy”

Slimify: Slim「痩せている」と”fy”。 - これ欲しい!ですね

Poetify: Poet「詩」と”fy” 「詩のようにする」

zombify: Zombie 「ゾンビ」と”fy”で「ゾンビのようにする」

frenchify: French「フランス」と”fy”。これ、すでに辞書に載ってる普通単語です・・・

すでにこんなのも現代用語辞書には出ています。

Hilarify: Hilarity「はしゃぎ、浮かれ騒ぎ」, Hilarious「大変陽気な」と”fy”を合わせて、恐ろしさや、悦楽、浮かれ騒ぎを引き起こすこと

さぁ。如何でしたでしょうか?

理解していれば、その場で単語が作れてしまう超便利ツールです。

スポンサーリンク

実は”fy”の代わりに、”ficate”を使う事も出来ます。

”fy”が「強制的に物を○○に変える」という意味があるとしたら、

“ficate”はもっとシステマティックに正式な感じで、「物を○○のように作り変える」というニュアンスです。

Beautificate: 清浄化する

Simplificate: 簡略化対策

Smartificate: 効率化

Dirtificate: 有機化

Prettificate: 可愛い増幅化?

Zombificate; 不完全蘇生

意味は”fy”とほとんど同じです。ただ、オフィシャルっぽいニュアンスが出てきます。

He is Yamadfiicated...

Oh, poor Suzuki.

She is Kandificated.

Oh, poor Jessica.

勉強になりましたでしょうか?

他のハリーポッター記事はこちら

ハリーポッターに学ぶ 英語あれこれ

ハリーポッターのスペルから学ぶ英語 全編

ハリーポッターのスペルから学ぶ英語  後編

スポンサーリンク
おすすめの記事