初心者向け2dアニメーション講座第二弾、タイミングと中割(ブレークダウン)をしていきましょう

Dog salute animation breakdown

前回は、キーポーズをブロッキングしました。

初心者向けKrita(無料)を使った2dアニメーション講座:01ブロッキング

すいませんが、前回の絵から、少し手を入れてしまいました。

なんか、あまりにもいい加減だったので。

今回のもいい加減か。。。

前回は、

1フレーム→10フレーム→24フレーム

で、2枚の絵を表示していて、

1から10までが立っている絵

11から24までが敬礼!の絵でした。

敬礼している感じになりましたが、もう少し立っている時間を長くして、バシッと敬礼出来そうです。

この絵が表示されるタイミングをいじって、もっと気持ち良いタイミングにしてみましょう。

タイミング

タイムラインをいじりましょう

さて、まず、クリタのレイアウトの下のタイムラインの所の「レイヤー1」にマウスを持っていき、右マウスボタンを押すと、プルダウンメニューが出てきます。その中から、「タイムラインに表示」にチェックマークを付けます。

すいませんが、プルダウンメニューはスクリーンキャプチャー出来ませんでした。。

これで、レイヤーがタイムラインで表示on offを切り替えられます。

さて、今度はフレームをいじりましょう。

このタイムライン、操作がとても直感的です。

動かしたいフレームにマウスを持っていき、左ボタンでクリック&ドラッグでタイムライン上を動かせます。

これで自由にタイミングを変える事が出来ます。

また、Ctr(コントロール)ボタンを押しながら、絵をクリック&ドラッグすると、絵を複製して別のフレームにコピーする事が出来ます

それで、タイミングをいじったのがしたのgifです。

timing tweaked

立っている時間が増えて、いい感じになってきましたね。

1フレームから26フレームまでたっている絵

26フレームから40までが敬礼です。

スポンサーリンク

中割り(ブレークダウン)を入れる

さて、これだけでは、アニメーションとは言い難いので、中に中割りを入れていきましょう。

フレーム20にカーソルを合わせて

deleteキーを押しましょう。

そうすると、前と後ろの絵が透けて見えます。

前と後ろの絵を見ながら、間に入れたい絵を描いていきます

この間を埋めていくのが、ブレイクダウンという作業です。

アニメーションというのは、違う絵が入れ替わって動いているように見えるのでしたね。

今回、こんな風に絵をつなげてみました。

最初のフレームです。

敬礼するために、少しジャンプ気味にするのを構想しているので、その前に逆にしゃがんで、”タメ”の動作を入れます。

これをAnticipationアンティシペーションと言います。

これが、屈んだアンティシペーションから、ジャンプ気味に行くところの中割りです。

いわゆるブレークダウンです。

ブレークダウンとは、ポーズからポーズへ移り変わる時、どのような中継ポーズを経過するかという事です。

ここでは、半分起き上がって、左肘が先に上がっていますね。

これが、敬礼のポーズに行く前の、ジャンプ気味のポーズ。

敬礼のポーズよりも伸びあがっています。

ターゲットのポーズよりも、より伸びあがる事をovershootオーバーシュートと言います。

Over(超えて)にshoot(撃っている)からですね。

この2枚の絵は、オーバーシュートから、敬礼ポーズに行くとき、柔らかにつなげたいので、絵を2枚入れています。”cushioning”クッショニングと言います。

そして、ラストの敬礼ポーズにたどり着きました。

Dog salute animation breakdown

これが、出来たアニメーションです。

タイミングもいい感じにいじっています。

ため込んで、ジャンプ気味までバシッと、そして敬礼ポーズまでクッショニングして”settle in”落ち着いています。

これで、随分、もう、アニメーションですね。

大体動きは付きましたが、まだ絵がラフですね。

次は清書して行きましょうか。

Kritaを使ったアニメーション講座:仕上げ

スポンサーリンク
おすすめの記事