テレワーク、ビデオ会議で聞き取りにくい時に使うフレーズ

このコロナ渦の中、

皆さん、Zoom, Teams, Slack等でテレビ会議をしている人も多いと思います。

会社の会議室からのビデオ会議でも聞き取りにくいのに、自宅でのテレビ会議ではもっと聞き取りにくくなって困っているいる人もいるでしょう。

それでは、相手の言っている事が聞きにくかった場合、ブチブチ切れて聞き取れなくなった時、また聞きにくくなかったけど、リスニング出来なかった時にどう言ったらよいでしょう?

 

ビデオ会議で聞き取りにくい時

You are breaking up.

貴方の声が途切れ途切れです。

 

It is quite choppy.

ブツブツ切れます

 

The sound quality is not good.

音のクォリティーが良くありません。

 

It is quite muffled.

音がクグモっています。

muffleと言うのは、バイクや車のマフラーの動詞形、音をくぐもらせるという意味です。

 

You are on mute.

ミュートになってるよ。

 

I couldn't catch you.

聞き取れませんでした。

 I couldn't understand.とかCould you repeat please?と言うと、聞き取れなかったのが自分のせいみたいですが、I couldn't catch you.を使うと「ちょっと何言っていたのか聞き取れなかったなー。」というような「取りこぼした」ようなカジュアル感が出るので、お勧めです。

 

I couldn't catch the last part.

最後の所が聞き取れませんでした。

 

Can you hear me okay?

私の声聞こえてる?

 

ビデオ(画像フィード)がおかしい時

It seems you areJohn isfrozen.

なんか貴方(ジョンは)止まってしまった。

 

 

 

 

 

 

It keeps freezing up.

なんか、この画像よく止まるんだけど

 

John is out.

ジョンは落ちたね。(接続から外れてしまった)

 

Your camera is off.

映ってないよ。

 

テレビ会議はSorryを言っても良いレアな場所

以前I am sorry.は言ってはいけない!というお話を書きました。

特にアメリカでは、誰のFault欠陥なのか、誰のせいなのかと言うのが非常に大事だからです。

 

しかしビデオ会議の際に聞き取れない時にはSorryを使うのは問題ないです。

なぜならば、Sorryを使っても、自分の聞き取り能力に問題があるのでは無くて、ビデオの通信が悪いから聞き取れないからです。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事