承認印Approved

気持ちを伝える時には、文の骨芯だけではなくて、多分とか、絶対とか、温度を示す言葉が入ります。

 

例えば「それは絶対本当」とか、「それは多分本当」とかいう風に表現します。

英語だと「That’s absolutely true.、「That’s probably true.」とかになります。

 

そういう言葉を入れずに、「それは本当」なんて言うと、なんか反論の余地がない感じで、聞き手に圧迫感を感じさせてしまいます。

なんか学問書とか憲法みたいですね。

 

英語にも、もの凄く沢山この温度を示す言葉があって、ネィティブは使い分けをしています。

 

でも、実はそんなに難しい単語じゃないんですよ。

これを整理する事で、あなたの話す話がとっても豊かになります。

それで60+の温度を表す副詞を、確信度が高いものから、下に行くほどだんだん怪しい順に並べてみました

絶対!、マジで、多分、英語の副詞で温度や確信度の使い分け

絶対!何があっても!的なかなり確信を持った副詞

最上級の確信がある時に付ける副詞群です。That’s absolutely true.だと、「それは絶対的に本当です」となるので、それ以外の可能性を許さない感じですね。強い意志を感じます。

語り手は100%当然だと思っています。

  • Absolutely 絶対的に
  • must be(do) でなければならない 
  • Definitely 何があっても、確実に
  • Indeed 実際に、当然
  • Doubtlessly (no doubt) 疑いなく

完全に、全然、

完全にとか、疑う余地なく、包括的に、など、自分の意思で強く推している訳ではなくても疑う余地なく、と言った自信を感じます。perfect完全、whole全部、clear明らかに等をもとにした単語が多く、若干客観的です。

可能性で言えば100%です。

  • Perfectly 完璧に
  • Utterly 全く、全然、
  • Totally 全く、すっかり
  • Completely 完全に、完璧に、徹底的に
  • Unquestionably 疑いの余地なく
  • Unequivocally 疑いの余地なく
  • Surely (for sure) 確かに、確実に
  • Truly 偽りなく、真実に
  • Entirely 全く、完全に、
  • Fully 全く、完全に、
  • Wholly 全く、完全に、
  • Thoroughly すっかり、徹底的に、全く
  • Clearly 明らかに、明確に
  • Certainly 確かに、

至極当然

前項の「全く、完全に、」と温度はほぼ一緒。自分の意思で!だけでは無く、ちょっと変化球が入っています。

100ではありますが、自分の意見ではなく、逃げの余地を残している感じですね。

  • Naturally もちろん自然に
  • Assuredly 自信をもって、確実に
  • Positively きっぱりと、全く
  • Quite 全く、すっかり、非常に
  • Really 本当に

順当に言って

この辺になると、かなり自信が無くなってきました。「自分はよくわからないが、状況から考えると」という客観的な(責任逃れな)ニュアンスが入ってきています。

可能性で言うと、70~90%位でしょうか?

  • Most likely きっと
  • Apparently (実際はともかく)見たところでは
  • Presumably 思うに、多分 
  • Assumingly おそらく

 

多分

所謂多分です。日本語で言う「多分こうだよね」に一番近いレンジでしょうか

可能性は50~70%です。

  • Probably 多分、おそらく
  • Maybe 多分、もしかしたら

 

かも知れない

多分よりも、若干自信が無くなっています。疑っているニュアンスがあります。可能性は50%を切ります

  • Perhaps ことによると、もしかしたら。
  • Possibly ことによると、ひょっとして(そんな可能性があるかもしれない)
  • Might be(do) かも知れない

 

そんな事があるかも

さらに自信が無くなってきます。可能性は10%~30%位です。

  • Potentially 潜在的に、もしかすると
  • Could be そんな事があるかも

 

否定。

NOは使っていませんが、これらが入って来ると、文は肯定文でも実際は否定しています。

That’s nearly true.と言うと、もう少しでtrueな訳ですから、trueじゃないわけです。

  • Nearly ほとんど、もう少しで
  • Almost ほとんど、もう少しで
  • Hardly ~ではない。これは完全に否定しています。

 

比較的

これらは、自分の温度ではなく、議論の渦中から少し外れて、客観的に意見を述べています。

  • Relatively 比較的
  • Fairly 全く

(確信度は結構高くても、どこか客観的で、自分の意見ではない感じです。)

  • Moderately 控えめに
  • Comparebly (by comparison) 比較できるほどに、同党に
  • Reasonably 適度に、納得いく位
  • Sufficiently 十分に
  • Practically 実際的には
  • Pragmatically 現実的には
  • Virtually 事実上は、実質的には、ほとんど
  • Realistically 現実的に
  • Actually 実際に
  • Essentially 本質的には

 

変化球

直接温度を表すと言うよりは、ちょっと変化を入れて、文にスパイスを聞かせられます。

  • Absurdly 不条理に、ばかげたほど
  • Ridiculously  ばかげて、おかしい程

You are ridiculously talented. 君は馬鹿げているほど、才能がある。の様にポジティブに使えたりするのです。

    • Shockingly ぞっとするほどに、
    • Laughably 笑いを誘うように、笑うに値するように
    • Dangerously 危険なほどに
    • Obscenely 猥褻なほど、不愉快なほどに
    • Nonsensically 意味不明なほど
    • Humorously コミカルな位
    • Outrageously 無法に、非道に、法外に
    • Preposterously 笑いを誘うように、バカバカしい位
    • Crazily 狂気のように
    • Grotesquely グロテスクなほど
    • Insanely 極めて、正気でないくらい
    • Irrationally 不合理に、不合理な位
    • Senselessly 不当に無意味に、意味が無くて目的が無い状態で

    承認印Approved

    究極のワイルドカード

    • Fcking スゲェ

     

    最後に究極のワイルドカードです。日本語の「超」とか、「めっちゃ」とかに相当するでしょうか?何にでも使える強調語です。

    That’s F〇cking true. 「それはスゲー本当だよ」

     

    となる訳です。カジュアルな若者の中の会話ではよく聞きますが、社会的責任のある人が言う言葉ではありません。

    職場やビジネスでは絶対使ってはダメです。

    造語

    これだけではなく、自分で勝手に単語を作っても良いですね。

    まとめ

    英語学習者であれば、どの単語も聞き覚えがあるのではないでしょうか?

    ネィティブはこれら単語をしっかり使い分けて、会話の温度を調節しています。

    どれも難しい単語ではありません。

    今日から出来る事ですので、実践してみて下さいね。

    にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

    スポンサーリンク
    おすすめの記事