オフコース、ミーはペラペラ

アメリカや、英語圏に住めば、数か月で英語ペラペラ!とよく聞きます。

それは本当なんでしょうか?

勉強は無意味?アメリカに住んだら2、3ヶ月で英語ペラペラ!は本当なのか?

答えは...

 

デレデレデレデレデレデレ

 

YES and NOです!

本当ともいえるし、嘘ともいえる。

 

下の二つの条件を満たしている人のみ、渡米2、3ヶ月で英語ペラペラになります!

  • 東京大学に入れる英語力
  • 小さいころから洋楽が好きで、歌詞を聞き取れる

 

条件を満たしていない人は。。。

デレデレデレデレデレデレ

 2、3ヶ月なんていう短期間では喋れるようにはクソなりません。

ちょっと海外に行って、「もうペラペラ」なんて言っている奴らは嘘つき人間です。

ペラペラという迷信

英語圏に住んだら2、3ヶ月で英語ペラペラという迷信が出来るのは、こういう奴らがいるからです。

ペラペラな気分のなりきり女子

カッモ~~~~ン! Common! 

ハニ~~~ Honeeey

イエ~~ ライ~? Yeah. Right?

メーン! Man!

ウゥップス! Oops!

 

やたらと声に抑揚を付けて話す、アメリカや、英語圏の国に住んだ女子。

(はい。女子と言ってます。)

あたかも、英語ペラペラな感じで振舞います

「アッ、日本語でこれなんて言うんだっけ?」なんてほざいています

でも、長いセンテンスを英語で喋る事はありません。

 

英語圏に住んでまだ数か月でも、もちろん現地の彼がいます(自分は付き合っていると思っています)。

男女の関係は言葉が無くても大丈夫ですから。

でも、「もう英語ペラペラでしょ?」なんて聞いたら、

むしろ馬鹿にしないで位の勢いで、

「当然!」

と言ってきます。

 

こいつらはほとんど英語を喋らないと思ってよいでしょう。かぶれているだけです。

「もうペラペラです。」という罪悪

私も渡米してから数か月位から、「もう英語ペラペラでしょ?」と良く人に聞かれるようになりました。

全くペラペラになってません。

でもここでどう答えたかと言うと、「はい。まぁ。」とか、“本当はペラペラだけど、謙遜している”体で「そんな事ないですよー。」

どうしてそんな事言うのか?

 

→ 喋れる体にしておいた方が、格が上がって得だからです。どうせバレないし。。

「いや、そんな事無いんです。実際に行ったとしたって、こんな短期間で喋れる訳がありません。聞き取れないし、語彙も足りないし、伝わらないし。。。」なんて真面目に答えても、全然得がないんですよ。

そうです。こんな事言っている私も「迷信」の一役を買っていたのです。

すいません。。。

 

数か月でペラペラになる人は?

最初に書いたように、

東京大学に入れる英語力

東京大学に入れるくらいの英語力、つまり、学校教育英語を極めており、長文読解が高速で出来英語小論文が書け政治や物理の学術ペーパーを読む人達です。

 

既に語彙力、読み書き、はパーフェクトですから、あとは慣れの問題です。

生の英語に触れ、ネィティブがどんな時に、どんな単語や表現を使うのか、わかるだけで光の速さでマスターしていきます。

要は学校教育の固い英語 → 本当の使い方へと組み替えていけばよいのです。

 

以前東京大学卒の私の友人は米国に行ったときは、英語が分からないふりをするそうです。英語が分かる事がばれると、もの凄いネィティブスピードで喋られるからだそうです。

こんな人が英語圏に住んだら、有利なのは良く理解できます。

小さいころから洋楽が好きで、歌詞を聞き取れる

もう一つの英語上達のカギはヒアリングです。

学力があまりなくても、若い頃から洋楽に親しんできた人や、音楽の仕事の人はやはり耳が良いです。ネィティブの発音が全て音の粒になってクリアに頭に入ってきたとしたら、それは覚える速さはまるっきり違います。

この二つの要素がそろっていれば、数か月で「ペラペラ」と言っても良い実力になるでしょう。

一般の人はどの位でペラペラになれるか?

一般の人と言っても、人それぞれあるでしょうから、この位に設定してみましょう。

 

  • 大学受験で英語は勉強したものの、三流大学卒業。
  • 洋楽を聞かないことも無いが、歌詞が流れる音に聞こえてしまっている。
  • 英語ネイティブの彼女、彼、配偶者がいない

 

この位の人が、この位努力した場合

 

  • 日本人コミュに浸らない
  • 出来るだけ喋る場所に出ていき、英語に触れる
  • テレビ、本、娯楽は全て英語
  • 仕事や学業の大半が英語
  • 自分なりに日々勉強している

 

1年経過

レストランでの注文、好き嫌いの意思表示、ホテルでのクレーム、位が出来るようになる。

免許手続き、アパート手続き、銀行手続き、は相当難しい。

「あ~」や「う~」が多く、会話に長時間を要する

ネィティブスピーカーからは壁を持って接せられる。

 

3年経過

アパート契約やお金の取引などは相手に悪意が無ければ何とかなる。

一対一であれば、大筋の意思の疎通が出来る。ただ、気持ちのニュアンスやポイントが上手く伝わらない。

英語での会議にはついていけない。煙に巻かれる思い。

メールでのコミュニケーションが効果的には出来ない。

趣味が一緒だったり、別の部分でお互い興味がある相手とは仲良く出来る。(人として好かれているので、相手が辛抱強く接してくれる)

 

5年経過

それなりにスムースに話す事が出来るようになったと錯覚する

なまじっか意見を伝える事が出来ているので、むしろ足りていない所がネィティブには気になる、もしくは苛立たれる。

税金や銀行、アパート契約などは一応こなせる。

ただ、誠意的でないサービス、契約不履行、電話料金の法外な請求、突然の料金吊り上げ当に対抗するには心もとない。サービス側になめられ、むしられ、涙する事もある

この位で本が読めるようになってくる。

 

8年経過

秀悦と言うには程遠いが、一般的に八年で第二外国語としては十分に喋れる所に到達する

Fluent(流暢)にギリギリ届くレベル

一通りの事はこなせるので、ここから英語を磨いていくスタートライン

フレンドリーな会議はこなせるが、ネィティブのマシンガン会議、また訛りの強い人が混じっている会議、もしくは悪意がある人との会議では迷子になる。

 

15年経過、20年経過

英語圏に居ればいるほど、語彙も増え、表現も巧みになって来る。

10年単位で住んでこそ分かる事だが、どこまで行ってもネィティブとの差は埋まらない

コミュニケーションでは問題は無くても、パーティーでは「壁の花」だったりと、外国人としての壁は無くなる事は無い事に気づく。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事