Pacman from 1000km above

この前飛行機の窓際席でした。

コロラド辺りの上空を飛んでいるとき、窓を開けて下を見ると、沢山の円が見えました。

circles

もう家やビルも小さくて見えない、その位の高度ですから、相当大きい円です。

パイ状に欠けていて、パックマンみたいな形をしている物もあります。

それが見る限り続いています。

こんな物が人類の科学で出来るのだろうか。

もしかしたら、ここは、一般が知れる場所じゃなくて、

飛行機が航路を間違って、本当は国の秘密施設かなんかの上を通っているのではないか?

とんでもない物を目撃しちゃったのではないか?

top secret military facility

極秘軍施設とか、国の金財産が収めてあるFort Knoxとか、もしくはエイリアン関係とか。

残念ながら、携帯を携帯しておらず、写真が撮れませんでした。

帰ってググアス(Google Earth)った所、

そこでも簡単に見つける事が出来ました。

Center Pivot Irrigationというやつで、円を描いて、灌漑しているんですね。

Crop circles

ちょっと、ワクワクしましたが、国の極秘施設ではありませんでした。:-/

前に良くセスナ飛行機で農薬をまいている所を目撃したけど、(そしてその農薬を車いっぱいで浴びたけど)このスケールで畑が広がっているんですね。

いや、もしかしたら、永遠に続く畑をカモフラージュにした極秘施設かも。

スポンサーリンク
おすすめの記事