A cowboy made of glass

褒めない日本人。褒められたいアメリカ人

日本の会社組織では基本的に褒めません

「よくやった。」なんて言う言葉は、もう駄目だという局面で、サヨナラホームラン的に皆を救ったとか、その位でないと言われないのではないでしょうか?

特に昭和世代。

 

「特別違和感はないです。」や

「次に進んでよい。」

だけでも、上司の承認を得たという事で、結構な誉め言葉です。

無言(何も指摘されない)が最高級の誉め言葉なんて事もよく聞きます。

  

これをアメリカ人にすると、大変な事になります。

仕事をして、褒められないと、「業務を受納されていない」と取ってしまいます。

日本人上司からすると、これに満足しないでもっと努力して欲しいという事なのですが、アメリカ人によっては、

自分の仕事をアピールし続けたり、

どこが足りないかを執拗に聞いたり、

業務を受納されていないという事は、自分の仕事を認めてもらっていないという事で、すぐに転職活動を始めてしまいます。

誉めないと、出来てないと思う

アメリカの組織は日本に比べて(ただ一定期間集まってプロジェクトを上げるだけの機構で)薄弱なので、いちいち誉め言葉を伝えないと、仕事という取引が成立しているかどうかが分からないのです。

また、褒められて育てる文化なので、直訳の誉め言葉では日本語とは温度が異なります。

アメリカ人親子と習い事をしてみると、子供が何かやるたびに、親がgood job! を連発します。

また、こんな例もありました。

アメリカ人のあるお母さんが、娘の落書きを持ってきて、「私の娘はものすごいアーティストなのよ。」She is wonderful artist. 「ただ、まだトレーニングされていないだけで」She is just not trained yet.

私的には、「いやいや。トレーニングされてなかったら、アーティストじゃないだろ。」と思ってしまいましたが。

デリケートなアメリカ人

こんな背景から、アメリカ人には、日本人の温度からすると水増しして褒めないと、ネガティブメッセージになってしまいます。

そしてネガティブメッセージにはすこぶる弱いので、簡単に臍を曲げたり、貴方を影で悪く言ったりが始まります。アメリカ人は非常にデリケートなのです。

そしたら、もっと褒めたら良いのでしょうか?

褒めたら、それで良いと思って、それ以上の努力をしないのではないだろうか?

  より良くしようとするアメリカ人もいるはずです。でも、大半が「そりゃそうだ」と思うでしょう。

毎回褒めたら、自分の貢献が高いと評価して昇給を望んでくるのではないだろうか?

 その通りです。自己評価ではガッツリ自分の成果をアピールしてくるでしょう。

日本語よりも少し水増し目に褒め、かといって調子に乗らないように。それでいて悪い所を指摘しないように自分の欲しい修正/追加をしてもらわなければならない。

大変ですね。

アメリカ人はお姫様

アメリカ人部下をお姫様と思った方が良いかもしれません。

お姫様の仕事を評価して、お姫様に何か変わって欲しいと思ったらどうするか、と考えた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

日本文化と米文化の正しい褒める温度対応表

良かった場合

プレゼンはなかなかうまく行ったよ。

Our presentation went extremely well.

あの出来はよかったね

I think that was a home-run.

That was outstanding/phenomenal.

That was super. (casual)

Your work blew them away.

それなりによかった場合

あの仕事はなかなか良く出来ていたと思うよ。

I think that was very nicely/well done.

わりに良い評判だったね

That was accepted very (very) well.

条件を満たしている程度

一応OKだったかな。

Good job.

That looked good.

もうちょっとで合格

ちょっとこれだけ足して(直して)くれたらOKかな

That is very good if you could just add(adjust) 〇〇.

これ直してもう一度提出(やり直し)してくれるかな?

Could you address 〇〇 in next pass?

(やり直しを減給することなく、in next passで、次のパスをすでに作ってしまっている所がみそです)

〇〇を足してもらえればプレゼン出来るレベルだ。

That will be very adequate with 〇〇.

That will get good reception if you add 〇〇.

*どうして欲しいかを説明するときは、責任を持って、Iを使ってI would like you toとしますが、プレゼン等の資料を用意する場合などは、主語を仕事にして若干客観的に言うのもテクニックです。)

結構ちゃんとやり直してもらいたい場合。

私は〇〇も〇〇もカバーしたいので、修正と追加をお願いできますか?

I want this cover 〇〇 and 〇〇. Would you address those changes and additions?

もう少しやり直しした方が良いね。〇〇を足してくれるかな?

I think there will be few more passes. Would you address 〇〇?

実力が足りない場合

これでは標準的なクォリティーに達していないね

Uh… well… It needs more work…

*仕事で定められたスキルレベルに達していないアメリカ人をトレーニングするのは非常に大変です。自分を否定しない彼らはすぐに上司や会社のせいにします。

トレーニングも上司が言うから、付き合ってやってるだけだし、上から修正するのも絶対NGだし。修正を細かく指示するのも結構NGです。

一定期間中に改善しない場合はAction PlanやPerformance Improvement Planに証拠文書付きでしっかり入れて、改善してもらいましょう。それでも改善されない場合は、残念ながら、サヨナラするしかありません。

硝子のカウボーイ

こんな風に、日本人と接するよりも丁寧に扱わなければなりません。

一緒にいる間(雇用している期間)は丁寧に接するけれど、首を切る敷居は低いのはまさにアメリカ文化ですね。

お姫様のお払い箱になる敷居が日本より低いのですw

米国駐在員に贈る、現地での成功法 目次 はこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事