この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は NorthAmericanGrace.gif です
North American Grace English

北米英語の変化する”T”発音

Tの発音自体は日本人にとって、それほど問題ではありません。

英語の”T”と日本語のタ行の発音はほとんど一緒だからです。

文章を入力、または / でブロックを選択

しかし、北米の “T” 発音には例外の発音が通常の”T”以外に4パターンもあります。

これら、知っていないと何を言っているのかわからなくなってしまいます。

また、(”R”とともに)“T”の発音ができると、一気に発音が北米らしくなります。

R、Tの音変化もどちらも北米独特の物です。

北米らしいというのが良い事なのか、悪い事なのかわかりませんが(笑)

優雅に、流暢に流れる、ゆるく、にやけた、英語になります。w

このポストでは、“T”の4つの変化について解説していきます。

  • 1: ”D” に変わる ”T” (Flap T)
  • 2: “N” の後の 消える ”T” (Silent T)
  • 3: ”T” + 母音 + ”N” でTと母音が消える。(Silent T + in)
  • 4: 最後になると消える”T” (Stopped Sound)

1: ”D” に変わる ”T” (Flap T)

二つの母音に挟まれた “T”、もしくは ”TT” は “D”の音に変わる。

例えば、Water の発音、ウォーター よりも、「ワラー」のほうが近いと聞いたことはありませんか?

Waterの ”t” は “a” と “e” の母音に挟まれていますね。

前と後ろから母音に挟まれると、 ”T” の音は ”D” に変化します。

Water → Wader になるのです。

では、なぜ、「ワラー」 と発音するのか、

文章を入力、または / でブロックを選択

それは、日本語の ラ行、ラリルレロ が英語のDa 行の音に「ソックリ」だからです。

「えっ! ラ音は R,もしくはLの音じゃないの?」

ネィティブに ラ行の音を発して、スペルにしてもらってみてください。十中八九 ”D”とスペリングします。

さて、これを逆に言うと、この”D”に変わる”T”、全部日本語のラ行で発音すれば、◎です!

下記の英語、すべてtがdに変化します。

Water → Wader

最初にWater、次にWaderと言っています。

Ability → Abilidy

同じように、最初はTで、次はDで。 (これから全部そうしています。)

Computer → Compuder

Get up → Gedup

Matter → Madder

 これなんか、Matterが、Madの比較級、Madderに変わってしまっていますね。

It is madder than madness! (それは狂気よりも狂っているぜ!)(笑)

Y”も母音とします

University → Universidy

これは?「”t”は母音に挟まれていないじゃないか」って?

syllableを数えるのところでも書きましたが、「”Y” 「イー」 という音なので、母音として数えます!」

母音とL、Rに挟まれる場合も、”t” が ”d” に変わります。

Bottle → Boddle

Battle → Baddle

Dirty → Dirdy

Forty → Fordy

Party → Pardy

”T” が ”D”にかわる条件 まとめ

  • ”T” もしくは ”TT”が母音に挟まれる場合
  • ”Y”も母音とします。
  • 母音と、”R”または”L”に挟まれる場合

北米英語ってクレイジーですね。

そうです。

アメリカ人、カナダ人も きついアクセント、訛り を持っているのです。

北米人に

I don't understand you with that accent.

「お前のアクセントでは良く分からん」

とか悔しい事を言われたら、

Ah, you only understand American accented English. Cause, you have strong one.

(あー。アメリカアクセントの英語だけしか聞き取れないのね。なぜかって、あなた、きついアメリカ訛りがあるものね。)

といってあげましょう。

2: “N” の後の 消える ”T” (Silent T)

“N”の後に”T”が来る場合は、”T”が消えてしまいます。

Center → Cener

これ、「センター」ですが、北米英語では”T”が抜け、発音は「セナー」になってしまいます。

Convention center なんて、 コンヴェンション セナー に変わります。

*反して、イギリス、オーストラリアではガッチリ”T”を発音するので、悪しからず。

Enter → Ener

Interview → Inerview

International → Inernational

Wanted → Waned

Twenty → Tweny

Printer → Priner

Don't → Don

ただ、「ドン」とだけ言います。!は消えています。

I don't know. を「アイドンノー」というのは皆よく知っている話。

ですので、Can'tは非常にややこしいです。

tが消えてしまうので、canなのか、can'tなのか、どこを頼りに判断したらよいかわかりません。

地方によって、can, can'tのタイミングの取り方、音が違うので、皆さん、それなりに理解しているようですが、きちんとした判断基準はありません。

Canは「出来ない!」という強い意味なので、前後の文脈で判断するしかないでしょう。

文章を入力、または / でブロックを選択

スポンサーリンク

3: ”T” + 母音 + ”N” でTと母音が消える。(Silent T + in)

もっとクレイジーなケースです。

“T” の後ろに母音が来て、そのあと “N” が来るケースでは、Tと母音が消えてしまい、

でも、消えてしまうだけでなく、一泊残り、” ' ” 「ン」という飲んだ様な音だけ残ります。

Curtain → Cur 'n.

カーテイン じゃないですよ。

カー’ン です。

Certain  → Cer 'n

Fountain → Froun 'n

Gotten → Go 'n

Cotton  → Co 'n

Mountain → Moun 'n

Sentence → Sen 'nce

Written → Wri 'n

4: 最後になると消える”T” (Stopped Sound)

なんという事でしょう!? ”T”は単語の最後につくと、消えてしまいます。

でも、これも上の消える例と一緒で、完全に消えてしまうわけではありません。

音は消えています。でも、飲み込むような、”一泊” は残ります。

遠いところに残っている感じです。

Pot → Po '

Fat → Fa '

Sit → Si '

Lot → Lo '

Hat → Ha '

Cut → Cu '

Gut → Gu '

Mat → Ma '

Want → Wan '

これに関しては、実場、私は子音を付けても、北米英語によくなじむと思っています。

ただ、最後の子音に関しては、日本語の癖で”と” ”to” のように言わないで、キチンとt

で止める必要があります。

ここまで録音してきて、思ってきてしまいました。

”T”を発音した方が格好いいかも。 と

リスニング、発音これで完璧。目次  はこちら

そういう人たちは、英国英語を勉強しましょう(汗)

スポンサーリンク
おすすめの記事