Basket of chicks. Is this love?

前回は「~って感じ」を英語でどう表現するかについてやりました。

今回は、「みたいな物」「そんな感じの物」「とか、そんな感じの物」の表現です。

少し曖昧にする事で、限定表現を避ける事が出来ます。

 (しっかり限定表現をしてしまうと、「こう言われたから、その通りやった」とも言われかねないので、曖昧表現を沢山する事で自分のイメージを的確につかんでもらう事にも繋がります)

これら表現を使う事で、英語環境に慣れていない人の「ちょっと間が持たない」のを、カバーする事が出来ます。

あまり多用するとちょっとバカっぽくなるので、気を付けてください。

(3文に一回くらいまでだったら、大丈夫です)

便利な表現

something like

or something like that

things like that

stuff like that

that kinda stuff

that sorta stuff

スポンサーリンク

~みたいな を英語で

something like

例えば、日本語で「みたいな物」と言いたい時は

その対象の物がわかっていない時、

Something like walkie talkie.

トランシーバーみたいな物

Is this love?

これは恋なのかしら?

Yeah, something like that.

そんな感じの物だね。

Do you have something like a broom?

ほうきみたいな物ってない?

You gotta bring something like that.

そんなような物を持ってくればよいよ。

スポンサーリンク

「とかそんなような物」の英語表現

or something like that

これは、目的語をぼかしたい時、言い切りを避けたい時、どんな名詞の後にでもつける事が出来ます。

That was your betrayal or something like that.

あれは貴方の裏切りだった。。っていうかそんな感じの物だった。

I had a crush on him or something like that.

彼に夢中だった。とかそんな感じだった。

We need a lid or something like that to seal the hall.

穴を塞ぐのに、蓋のような物が必要だ。

We all need to kamikaze or something like that to turn the table.

形勢逆転には、神風特攻くらいの物が必要だ。

スポンサーリンク

「~みたいな事をしてんの?」 Or something

物でない場合、「~みたいな事をしてんの?」

Are you hitting on me or something?

私にモーションかけてんの?

I guess I am trying to find myself or something.

多分、私は自分自身を発見しようと、そんなような事をしているんだ。

You know, she is a woman, trying to find washroom or something.

彼女は女だからさ、トイレかなんかを探しているんだよ。

You cut your finger or something to show your remorse.

後悔を見せるために、指を切ったりするんだよ。

Like that

対象の物がなんだかわかっていて、そんなような物、それに準ずるものと言いたい場合

things like that

stuff like that

こんな表現が使われます。

My mom likes pancakes and things like that.

母さんはホットケーキの類が好きだ

My dad collect robot toys and stuff like that.

父さんはロボットのおもちゃ的なものを集めている。

She does tennis, badminton and things like that.

彼女はテニス、バトミントン、そんな感じの事をしている。

I go pachinco parlor, places like that.

パチンコとか、そんな場所に良く行く

(パチンコ場は場所なので、things, stuffではちょっと変なので、placesで代用しています)

sort of things(stuff)

kind of things.(stuff)

基本的にはthings like thatと同じ機能を持ちますが、少し用法が違います。

(Sort とkindの意味はほとんど一緒です。〉

I like Yoga and that sort of things.

私は、ヨガと、それみたいな事が好きです。

I do bird watching, that kind of stuff.

私はバードウォッチング、みたいな物をします。

(ここの”and”と”, ”は、日本語と一緒で、”と” と ”、”で文を区切るかの差です。)

This kind of toy keeps me sane.

こんな感じのおもちゃが私が気が狂わないように保ってくれている。

英語学習者の方にはお勧めしませんが、この様な表現を多用する人もいます。

I do all that kind of shit right?

おれはそういう事を全部するんだよ。わかる?

I know how to maneuver kind of shit right?

どんな風に上手く生きるか的な事を知ってるんだよ。わかる?

That dude brings all that kind of craps right?

奴はいつもああいう問題を持ってくるよな。だろ?

ちょっと「悪いボーイ」を気取っていたのでしょうけど、とても気分が悪かったので、皆さまはやめましょう X(

スポンサーリンク
おすすめの記事