Cary流 英語の母音「ə」の発声方法


”ə” は 弱曖昧音 と呼ぶべきでしょうか? 中央母音といわれたりもするようです。

これは”ʌ”の弟分の様なもので、音は基本的に一緒ですが、その噴出すパワーが違います。

”ʌ”は前項で学習したように、腹を殴られた音でしたね。

But やDuckのように ”ʌ”を含んだ音を発音してみると、基本、”ʌ”は結構な威力で腹から息を噴き出しています。

「”ə”は”ʌ”と同じ音ですが、最低限の威力で音を出すだけ」だと思ってよいとです

About, common, butter, hurt, heard, Uh, a, 等がこれにあたります。

米語の中で、一番スタンダードな母音、色が付いていない母音と言ってよいでしょう。

何せ頻発します。

なにせ、元が腹を殴られて、吹き出た音と一緒なのだから、そりゃそうですね。中央母音というように、個性の無い母音です。

さて、やり方です。

前項の”ʌ”が発音できたら、息をあまり噴出さないようにして、音だけ出してください。

Duck と言ってください。

DU!CK

Duckというと、最初のダッの所でぐっと息がでていますよね。今まで呼吸から”ʌ”までついてきてくれた読者さんなら、腹から口の方に空気が動くプレッシャーを感じるはずです。

そのプレッシャー!を抑え、ダーと言ってみましょう。

最初の子音、ダを取りましょう。

はい。余計な要素が取れて、”ə”が残りました。

これが、”ə”を出すコツです。

同じようにButでもやって見ましょう。

Bは唇をふさいで出す音ですから、最初は唇をふさいで、空気を吹き出して、唇を破裂させ、「ブッ」と最初いいますね。

BU!T

まず、プレッシャー!を取って、

最初の破裂する子音、Bを除いてください。

腹を殴られただけの音になりますね。

その後、腹から来る息のプレッシャーを音がかろうじて出る程度の最低限に弱めてください。

余計な要素が取れて、”ə”が残りました。

これで”ə”はOKです。とにかく”ʌ”から、息のプレッシャーを取り除きましょう。

これで、また貴方の発音が一気に米国人っぽくなります。

アメリカ人はとにかくこれを連発します。

喋るときに日本人も「えー」「えーと」「まーそのー」とか文中に挟みますが、あれと同じようにアー、(Uh-) とか エーアー(e-Uh)とか、 アーム(Um)とかよく言います。

間つなぎに使えるのです。

何か聞かれて、パッと返答が思う付かないとき、とりあえず

Uh-. Well.

とか言っていると、時間稼ぎが出来ます。

We gathered here for e-Uh (um).. his birthday!

私達は集まりましたここに エーアー「まーそのー」彼の誕生日の為に

目的語が思いつかないときに、とりあえず”ə”音で口を濁す

困ったら、この音を出して見ましょう。黙っていたりとかするよりもずっとよいですね。

まとめ

”ə”は米語の一番スタンダードな、色の付いていないプレーンな音

・”ə”は”ʌ”の弟分。同じ音だが、息のプレッシャーが緩やか。

一番ナチュラルな音なので、「まー」「えーと」などのように文の中に混ぜる事が出来る

それでは質問です。

4507493 ÷ 973 = 幾つ?

Uh…   əː  

- ː は音を伸ばす記号でしたね。

(えーと)

Um・・・ əm

(んー)

I don’t know!

(わかりません!)(笑)

それではまた次回

次回はəːrです!

リスニング、発音これで完璧。目次  はこちら

アの応用編です。

スポンサーリンク
おすすめの記事