ハリーポッターに学ぶ 英語あれこれ

ハリーポッターに学ぶ 英語あれこれ

ハリーポッター、好きな人多いですよね。

小説読みましたか?

英語で読みましたか?

私も読んでみました。

やさしい言葉で書いてあるし、リーディング初心者の方にお勧めしないわけではありません。

ただちょっと癖が強く感じました。

普段米語に慣れているからでしょうか?

人は選ぶようなので、お試しして、自分に合うかどうか見てみるのが良いと思います。

ポロポロと呼んでしましたが、結局全巻読むのに、1年かかってしまいました。

*なんか、ロード ヴォルデモートが悪の帝王的に表現してるけど、魔王というよりは、むしろ連続殺人犯(serial killer)よね?

さて、ハリポ読んでいて、特に気になったのが、「OOOly」です。

すごい量の「OOOly」が出てきます。

「OOOly」とは、動詞を就職する副詞の特徴ですね。

He did it smoothly.

「彼はそれをスムースにやった。」

didがどのように行われたのか、説明しているのですね。

実はあまりにも気になったので、読みながら、メモっていました。

Scornfully, angrily, coolly, darkly, unblinkingly, astonishingly, silkily, freely, impatiently, grudgingly, smugly, quietly, gently, sweetly, regularly, breathlessly, urgently, nastily, conspiratorially, curtly, gaily, hastily, sardonically, feverishly, irritably, firmly, crossly, dangerously, unceremoniously, conversationally, morosely, wearily, hotly, imperiously, portentously, interestedly, gloatingly, hurriedly, reminiscently, sinuously, shamefacedly, sceptically, mundanely, sycophantically, rashly, courteously, maddeningly

これら、頻出します。

特に、

coolly, darkly, unblinkingly, silkily, grudgingly, sweetly, nastily, hotly, interestedly, shamefacedly,

こいつらは本当にワードなんでしょうか?

いくつかの単語の下には、ワードソフトが「そんな単語ないよっ!」と赤い波線をつけています。

原文ではこんな風に使っています。

She said it coolly.   (She said it in cool manner)

彼女はそれをクールな感じで言った。

She said it darkly.   (She said it in ominous way.)

彼女はそれをダークな感じで言った。

She said it nastily.   (She said it in nasty way.)

彼女はそれを嫌味汚らしい感じで言った。

She said it sweetly.   (She said it in sweet manner.)

彼女はそれをスウィートな感じで言った。

She said it interestedly.   (She said it as if she is interested in it.)

彼女はそれを興味深そうな感じで言った。

便利じゃないですか!

これは使えそうです!

なにせ、動詞とかにlyをむりやり付ければ、新しい表現になるのですから。

例えば、

She sat sinkingly.

She sat fallingly.

She sat plungingly.

彼女は落ちるように座った。

もちろんワードソフトは単語の下に赤い波線を付けています。

She said it apocalypsely.

彼女は黙示録的に言った。

She said it devil-beckoningly.

彼女は悪魔を呼ぶように言った。

She said it world-endingly.

彼女は世界が終わりであるかのように言った。

She said it blamely

彼女は、責めるように言った。

She ran away accusedly.

彼女は責められ追及されたかのように走っていった。

She ran away victorily..

彼女は大勝者のように走っていった。

バンバンいけます。

私も試しに こんな感じでネィティブに話してみましたが、全然伝わります。

皆さん、正しい表現がないと思ったら、こんな風に造語を作ってみたら、もっと伝わりやすいかもしれないですよ。

(例えば、She sat.ではなく、She slumped. でもなく、She collapsed.でもなく、うーんと思ったら、She sat plungingly.を使ってみても良いかもしれません。

ちなみに、英会話スクールでこれをやったら、

「しょうがねぇなー」と笑ってくれるか、「それは単語じゃない。」と真面目に直されるでしょう。

硬い場面でない所では、こういうのは楽しさの一つですよね。

言葉ってこういう風に進化していくものだし。

今の若者もverbing(名詞を動詞にすること)しますしね。

スポンサーリンク
おすすめの記事